最近の民間や公務員における就職活動のOBOG訪問

スーツ 男 就活

安定していて待遇がいい仕事

就活が以前、厳しい状況ですがそれでも学生であれば
頑張って採用を勝ち取る必要があります。

労働市場が就活する側に厳しいということも確かですが、
学生側には全く問題がないということは正確な話ではないかもしれません。

それと言うのも最近の学生に限ったことではありませんが、
大企業志向が強いというのが有ります。

安定していて待遇がいい仕事と言えば大企業に勤めるというのは正しいと言えます。
しかし大企業の門戸はとても狭いものです。

またせっかく苦労して入社しても企業と学生とのミスマッチが絶えなく、
すぐに辞めてしまう新入社員も多いようです。

こういったことにならないためには就職活動においてOBOG訪問をしておくべきだと言えます。
これは大学の先輩がいる場合に学生が気になった企業に
勤めている人のところへ訪問できるという制度というか慣習です。

何も分からない学生が面接や質問だけで会社のことは理解しづらいと思います。
OBOG訪問をすることで本音が聞けるということもあり、とても貴重な体験だと思います。

本当に自分が入社したい会社なのかということが
理解できるだろうという点で就活ではやっておいた方がいいことの一つです。

行動力も時には必要

また大企業だけでなく、中小企業でもそういった意見が聞けると
尚良いのではないかと思います。

実際に入社してどのような生活を送っているのかということを知る機会というのは
中々ありませんので面接や採用に直接、影響することはないとしても、
これ以上はないチャンスだと言えます。

またこういった慣習は公務員の国家試験を受けようという場合も
訪問出来る場合がありますのでこちらも重要でしょう。

こちらは人となりなどを見られる場合もありますので注意した方が良いです。
具体的には大学によってその官庁との繋がりが違いますので
必ず実現できるということはケースによって違うと言えます。

もし訪問してみたいという場合には大学側に聞いたり、
担当の教官に聞いたりというようなことが具体的な手段になるでしょう。

またサークルの先輩ということで当たってみてもいい場合があるでしょう。
いずれにせよこの場合は自分の大学で
多くその官庁へ就職しているという場合はつてが当然見つかり易いです。

逆に自分の学校から行っている人がほとんどいないという場合は
対応してもらえるのか不透明な部分が大きいです。

出身大学で差が付いてしまうのかと不満に思う人もいると考えられますが、
これが現実と言えばそうなってしまうでしょう。

ただし訪問したからと言って合格しやすいとは断言できませんし、
試験や面接の結果の比重の方が採用に関してはかなり大きいと言えますので
訪問できなからと言って大きく不利になるという不安を抱える必要はありません。

民間の場合でも公務員のように大学で訪問できるように
やってくれるところもありますし、できない場合も有ります。

本当に訪問してみたいということであれば、自分でアポを取って
話を聞かせてもらうという行動力も時には必要なのではないでしょうか。

本気で有れば会ったこともない大学の後輩であっても、良くしてくれる場合は多いです。