就活生がやりがちな身だしなみNG

身だしなみの大切さ

相手に対しての配慮

学生からの意識のままで社会人になると、NGな身だしなみをしている人も多数見かけます。
正しくない身だしなみで就活に挑んでいる就活生は特に危険です。

身だしなみは人柄を測り、第一印象を決める手段なので、
身だしなみ一つで落とされる場合もあるため注意しておきましょう。

ビジネスでの身だしなみとは、相手に対しての配慮です。
採用担当者によく思われたいとあれこれ模索する人も中にはいますが、
就活生には自分をいかに可愛く見せるか、格好よく見せるかということは必要ありません。

そもそも可愛らしさなどで採用が決まるわけでもないですし・・・。

それよりも社会人の目から見て、
清潔感があり失礼に当たらない姿であるかということの方が重要です。

そこで、男女別にありがちな身だしなみNGを調べてみたところ、
男性のやってしまいがちな身だしなみNGは靴下でした。

パリッとしたスーツを着ているから大丈夫なんて安心してはいられませんよ。
目に付きそうもない足元こそ、特に見られている部分です。

就活生にありがちなNG靴下は、スニーカーソックス・カジュアルソックス・白い靴下です。
たとえば、丈の短いスニーかソックスを履いていると座ったときに足がみえてしまいます。

踝までの靴下だと、まるで素足に革靴を履いているように見えてしまいます。

また、白いソックスもスーツには合わないので避けましょう。
対して女性のやってしまいがちな身だしなみNGは髪型です。

髪の毛が長い場合は束ねるというのが鉄則ですが、これが案外できていません。
後ろで束ねてはいても両サイドだけ垂らしていたり、
束ねる位置が高すぎてポニーテルになっている人などがいます。

たしかに可愛い髪形ですが、
ビジネスにおいては何度も言うようにおしゃれは関係ありません。

ましてや就活生ですから「清潔感」と「ビジネスに相応しい大人な身だしなみ」
ができているかということが重要です。

ピンの使い方にもNGがある

また、髪の毛が短いのに無理やり束ねている人がいますが、
短い髪の毛を無理に束ねる必要はないのでピンで留めるようにしましょう。

ただピンの使い方にもNGがあるんです・・・。
ピンで留めるなら他人から見て、できるだけ見えない位置に留めることが大切です。
就活生の中には、前髪に止めている人もいますが、そんなピンの留め方は子供しかしません。

男子就活生の場合は無頓着すぎ、
女子就活生の場合はおしゃれに気を使いすぎで身だしなみNGを出してますね。
そして、男女ともに気をつけたいのがシャツの下にインナーを着る場合です。

インナーに黒や柄物を選ぶとシャツからインナーが透けて見えてしまいます。
採用担当者はシャツの下で見えないんだからいいじゃんとは思ってはくれません。

第一に、透けて見えてますからね・・・。
無地の白もしくはベージュなどの目立たない色を選びましょう。
ビジネスでの身だしなみが大事とされている事には、相手に与える印象がつくからです。

このくらいはいいだろう・・・と思ってやることが案外NGだったりするもんです。

身だしなみにも就活生に向けたマニュアルのようなものはあるかと思いますが、
自分でアレンジしたりおしゃれしたりしないようにしてください。
就活の時は身だしなみのマニュアルから外れたことをしなければ、まず大丈夫でしょう。