社会人は身だしなみから

身だしなみ

無難な格好がベスト

社会人の卵として見られている就活生は身だしなみからはじまります。

服装はもちろんのことですが、きれいなスーツを着ていればいいのかと言うと
そういうわけではありません。
就活では、頭のてっぺんからつま先まで見られています。

特に年配の面接官がいると、身だしなみについては
就活生との間に大きな隔たりがあります。

企業にもよると思いますが、一般的な企業の面接では個性を見せようとはせずに、
無難な格好がベストです。

就活の場は「見た目で判断される場所」だということを心得て挑みましょう。
ヘアスタイルやカラーなどは男女ともに、清潔感があり黒髪であることが基準です。

面接官が年配の方の場合は、多少髪の毛を染めているだけでも
軽薄に捕らえてしまう可能性があります。長い髪の毛の女性は、
飾りっ気のないゴムやバレッタで綺麗にまとめておきます。

前髪はお辞儀をしたときに目にかからないように、あくまでも自然な形であれば
問題ありません。

そして、男性の場合は髪の毛の長さも判断されます。
もみ上げは短く、サイドは耳が出るくらいの長さがいいでしょう。

襟足も肩につかない長さが良いです。
男性の場合はヘアスタイルに気をつけておけば身だしなみとしてそれほど、
どうこうというのはないでしょう。でも女性の場合は、気をつけたい身だしなみとして
ヘアスタイルのほかにメイクや爪があります。

派手なメイクは避ける

就活だからメイクは控えたほうがいいのかなと思うでしょう。

もちろん、派手なメイクは避けるべきですが、ファンデーションで肌の色を整えて、
軽くチークや口紅を塗って血色を良く見せることも重要です。
つまり、「清潔感があり健康的に見せる」ことが大事です。

また、就活の際は香水など匂いがキツいものは必要ありません。
制汗剤の匂いにすら気をつけたいので、香水なんてもってのほかですね。

マニキュアをつける場合は透明のものにしましょう。
これは男性にも言えることですが、爪が長いのも良い印象を与えませんので
切りそろえておくことです。

「就活におしゃれは必要ない、必要なのは清潔感」だということです。
就活が終わってから思い切り、おしゃれを楽しみましょう。

また、「その場」だけが試験ではないということを念頭においておく必要があります。
見た目の良さは基本ですが、中身も判断されています。
要は言葉使いや所作などです。

面接をしに企業に出向きますが、試験会場内や面接官の前でだけ取り繕っても、
違う場所で見られています。

企業に出向いたその直後から、受付、案内、社員など人事でなくても、
会社内は面接官だらけだと思ったほうがいいでしょう。

面接では緊張して気を張っているだろうし、こういったことは
基礎なので大丈夫だとしても重要なのは面接後です。

面接が終われば安心して気が抜けてしまうでしょうが、
会社を出るその様子を見られていることもあります。
会社を出るときに、会社の前で一礼するなどの心配りが内定を左右するかもしれません。