リクルートスーツとビジネススーツの違い 

スーツ男性 考え事

社会人として働くなら

男性編働くことになった新入社員は、特に身だしなみに気を使う必要があります。

パリッとした新しいスーツでビシッと決めて・・・と考えていますか?
就活生の時に使ったリクルートスーツはあるけれど、
社会人として働くならビジネススーツを購入しないといけないんじゃないかと
考える人もいるようですが、そんな必要はまったくありません。

リクルートスーツとビジネススーツは呼び方が違うだけで基本的に同じものです。

あたかも違うもののように言っていますが、
それは販売メーカーや販売店の売り上げを伸ばすための一種の戦略です。

就活で使っていたスーツをそのまま入社後に使用しても問題ありません。
新しいスーツは、働いて給与が出てから新調すればいいでしょう。
となれば入社後も使用するために、
就活でスーツをそろえる時にきちんとしたものを購入しておく必要がありますね。

そのためにちょっと頑張って、
社会人が訪れるお店でスーツを購入するのもいいかもしれません。

選び方の基準

【男性の服装選び】
*ジャケット色
黒もしくは濃紺。


シングルの3つボタン。最近は2つボタンも主流になっています。

サイズ
肩を基準にします。

着丈
気をつけしたときに指の第一関節でジャケットの裾がつかめるくらい。

袖丈
気をつけしたときに手首のくるぶし位の丈。
左右の腕の長さが違う人もいるのでサイズ直しをしてください。


ジャケットのVゾーンが程よい広さであること。
狭すぎるとカジュアルすぎて見えてしまいます。

*ズボンウエスト
タックが開かないくらいのウエストサイズがベスト。

裾丈
靴を脱いだ状態で裾が地面につかない程度。

素材
きちんと折り目がついていることが基本となるので、
折り目が消えにくいポリエステル素材のものが良い。
また、蒸れやすい夏場はウール素材にするなど、
痛みやすさも考えて1ジャケットにつき2タイプのパンツを用意しましょう。

*Yシャツ色
基本は白色。
薄い色ならブルーやグレーなども企業によってはアリです。


レギュラーカラーかボタンダウンがビジネスシーンでは基本になります。

サイズ
首周り、肩から手首までの長さを基準にします。
袖は上着から5mmほど除くくらいの長さ、
また、首周りに指がかるく2本入るくらいがベストです。

*ネクタイ色
無難なカラーは紺やグレー系。
ただ、スーツの色や、自分の顔立ちに合わせた色で選びます。


無難な柄はストライプ。
他には無地、チェックなどいい印象が残せる柄を選ぶといいでしょう。

*靴下色
スーツの色に合わせます。
黒、紺、グレーが主流です。

長さ
ビジネスタイプのハイソックスがベストです。

*靴タイプ
皮素材で黒色が基本です。
ローファー、または紐靴がいいでしょう。
スーツなら紐靴のほうが相性がいいかもしれません。

リクルート(ビジネス)スーツというものは一見、どれも同じように見えますが
色・素材・サイズなど選ぶとなると意外と難しいものです。

しかし選び方には基準があるので、
お店の方と相談しながらそれを元に選べば難しいことはないと思います。